スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2007.12.03 Monday | - | - |
 時の螺旋

未来へのときの螺旋
まだ遠く
その音色は微かで
走っても
苦しいほど
もどかしいほど

近づけないんだ

まだ知らない世界への切符
手にすることさえできない
霞む視界でも光る雫

霧は晴れ
差し伸べられた温もり

一筋の「きみ」という光
| 2006.02.28 Tuesday | 友情モノ | comments(0) |
 NOT FOUND
何てことはない顔して いつもたゆたうように笑って
世渡り上手みたいに生きる きみの本当を僕だけが知ってる

何してんだろうね 本当に心を許したい人に気を使って
そのくせ本当に本当の大切な人は 自分の逆側に居たりして
上辺だけの“本当”なら必要ないよ
僕なら多分、君以外

全部捨ててしまえばいいさ しがらみや苛立ちも全部
心の中 空っぽにして バカみたいに笑えばいいよ
下らないプライド 僕の中にあった本音
きみなら笑い話の口実に使ってくれるだろう?
欲しいのは言葉よりもっと深い だけどカンタンな場所にあった

話すだけ話しといて 
実際のところ誰も僕の話なんて聞きやしなかった

誰かを利用するとか イヤミを言うとか
どうでもいいことはやめにしよう
そんなことの為に生きてるわけじゃない

全部捨ててしまえばいい それで必要ならまたつかめよ
結局人生なんていつも遠回りだろう
無理するとか 見栄はるとか 得することなんてひとつもない
だから笑えばいいよ そうすれば 心 少しくらい満たされるから

欲しいのは言葉よりももっと深いだけど簡単な場所にあった
僕なら多分、きみ以外
| 2006.02.28 Tuesday | 友情モノ | comments(0) |
 innocence
悲しい程に笑いたくなる
それは時に
自分へのやりきれなさだったり
数えきれない程流した涙
それは時に
誰かへの伝わらない愛だったり

どれだけ道を歩いても
同じ景色なんてなかった
これから誰かと紡いでいくのは
どんな未来の旋律だろう

忘れない 屈託のない
あなたがくれた笑顔だけは
瞳閉じれば いつだって
道は重なっているから
そして見上げた青空は
明日を照らしてる

踏み出してしまえば ずっと
遠くなるんだね
何気ない毎日で笑いあえたのに
扉を開けてしまえば きっと
記憶になるよね
いつかと呼ぶようになるなんて

空の雲と同じようだね
流れてゆく時間の流れは
何も変わらないと唱う僕らさえ
いつか大人になるように

忘れない 何度だって
迷っても信じ続けた僕らは
胸の奥には いつだって
走り続けた日が蘇るよ
叶わない夢はないって
あの頃から 永遠に
| 2006.02.28 Tuesday | 友情モノ | comments(0) |
<new | top | old>