<< 虚空の月で | main | treasure junk >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2007.12.03 Monday | - | - |
 革命信仰的幸福
この手を伸ばした先に たどり着く光を教えて

どれほどの強さを持てば人は誰かを導くことが出来るのでしょう
何を支配すれば正しいと言えるのでしょうか

望まなければ出逢うこともなかったの
小さなこの欠片の行く末にどうか
ただ、目指す祈りが舞い降りんことを

望むべきものは ほんの僅かな安らぎだった
笑って振り向いた先に 君にいてほしかった
何を捧げればあの頃のふたりに戻れるのですか
空から降る涙が、心につもる

進んでしまえば もうこの手は穢れゆくばかり
失っていくだけのこの身に、明日を差し出される意味を
ただ、ひとり
握り締めた刃の矛先は、傷つけるためだけじゃなくて
まだこの掌には、護るという選択肢は残されていますか

あいしていただけだった
他に何があったのだろう
降り注ぐ幸福が 赤い雨に変わるころ
あなたは今 なにを想い、その刃を向けているの

絶え間なく空はつづく
その先から降り注ぐもの

ひたすら祈り続けたあの時とはもう違う
この背に背負うものが、たとえ総てを消し去ろうとしても

-----------------
ギアスでルルな人なイメージ(笑)
この主要少年たちふたりは
キラとアスランとは決定的に違う何かがある気がしないでもない。
| 2007.01.24 Wednesday | - | comments(0) |
 スポンサーサイト
| 2007.12.03 Monday | - | - |
Comment