<< タイトルなし | main | タイトルなし >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2007.12.03 Monday | - | - |
 タイトルなし
涙の陰に隠した本当のあなたが知りたくて
伸ばそうとした手の先 そこにはもう何も無かった

蒼いバラを一輪 あなたへと送るから

■もしもあたしがあなたのことを傷つけるだけの
 何かになってしまっても
 忘れないよ ここに生きて いつだって笑ってたこと
 海へ流したりなんてできない

ささげられるものなんて もう何もないけれど
時にかき消されることない祈りは 
ずっとここに息づいてる

 もしもあなたがあたしの遠く離れた場所で
 ひとりで泣いていても
 思い出して あの風の音 たった一人あなたと笑う
 場所はいつだって変わらない

そして蒼い花びらが空を染めるとき

■くりかえし
| 2006.02.28 Tuesday | 恋愛モノ | comments(0) |
 スポンサーサイト
| 2007.12.03 Monday | - | - |
Comment